新卒の私が感じた、ADWAYS PHILIPPINES INC. の魅力

自己紹介

はじめまして!
2021年7月に入社しました、沖田です!
現在、Non-game Unitで主にマンガ案件のインターネット広告運用に携わっています。

もともと海外に興味の無かった私ですが、大学時代に一ヶ月の語学研修を機に海外への魅力を感じるようになりました!
そこから一年間大学を休学して、オーストラリアのシドニーへ語学留学した経験や海外旅行などを通して海外で働きたい気持ちが芽生えADWAYS PHILIPPINES INC. に入社させていただきました!

新卒で海外就職(フィリピン/セブ)を選んだ理由

大学3年生の春、語学研修として初めて海外に渡航して違う国や新しい文化に触れた時に「私の知っている世界は狭い」と感じました。
そこから一年間留学や海外旅行に行きましたが、就職活動が始まってもまだまだ海外に住み働きたい気持ちが抑えきれませんでした。
その時に見つけた会社がADWAYS PHILIPPINES INC. です。
大学でマーケティングを専攻していて、広告という分野に興味があったこともあり、アドウェイズフィリピンを見つけた時からこの会社で働いてみたいと思い、入社させていただきました。

一次面接2時間。衝撃を受けた面接内容

先ほど、「海外と広告という分野に興味があり、この会社に入社した。」と述べましたが、「実際、海外に住みながら広告に携わる仕事ってたくさんあるよね?」と思った方もいると思います。
アドウェイズフィリピンの魅力はそれだけではありません。

まず、私が一番びっくりしたことは「入社前の面接」です。
どの会社も入社前は面接があり、集団面接や30分ほどの個人面接があります。
しかし、アドウェイズフィリピンでは一次面接が”2時間”あります。
正直、面接前は「2時間も自分自身のことを話し、乗り切れるのか」という不安がありました。
もともと、私は面接や発表と言った自己表現をすることが苦手だからです。
しかし、実際面接が始まるとあっという間に時間が過ぎていき、後から振り返ると面接よりも面談という感じがしました。
私が2時間話続けるのではなく、面談形式のような感じで、「私と面接官の両方がお互いの考え方や価値観を知る時間」だったと思います。
二次や三次面接でも、私は面接官の方の仕事や人生への向き合い方が素晴らしいと思い、この会社に入社したい気持ちが高まりました。
実際、この会社に入社してまだ3か月目ですが、社員一人一人がやりたいことや将来の目標を持っており、素晴らしい環境の中で働いていると実感しています。

これがアドウェイズフィリピンの魅力の一つです。
他にも、「業務時間中に英語の授業を1日2時間受けられる」「セブという土地で働ける」などたくさんの魅力があります!

実際に入社して感じたこと

このブログを書いている現在、入社して3か月目ですが、運用の知識やスキルを高められていると実感しています。
それだけではなく、教育担当や上司の方から運用のスキルに加え、仕事や生きていくうえで大切なことも学ぶことが出来ています。
私が、入社前に予想していたよりも素晴らしい人間性を持った上司の方々が多く、この会社に入社して良かったと思うと同時に、今後入社される後輩の方にも「伝統」のようにそれを受け継いでいけるようになりたいです。
セブにはまだ渡航できていないですが、さらに私の知らない世界を開拓していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました