セブで就職すると決めた、新卒の私が思うこと

自己紹介

2021年4月に入社した、菅原です!

現在はGame Unitで、ゲームアプリのインターネット広告運用に携わっています。
もともとWEBマーケティングに興味があり、インターネット広告も近年市場が伸びているということで面白そうと思い入社しました。

新卒でフィリピン/セブ就職することを決めた理由

一番の理由は、就職後もより多くの経験ができて、知らない世界に飛び込める機会が多いと感じたからです。

私は、自分が生涯をかけてやりたいことや、自分自身がどんな人間なのかを決めるにはまだまだ視野が狭いし、今のまま決めてしまったらもったいないなと思っています。
大学在学中にも旅行や留学でいろいろな国を回りましたが、行くたびに興味が増して、視野も広がりました。
新しいことを知るたびに、まだまだ知らないことだらけだと思い知らされて、結局我慢できずに就職も海外(フィリピン/セブ)ですることに決めました。

この仕事で大切なのは、ユーザーの立場になって考えること!  わからなくてもやってみること!

私が現在運用している媒体はクリエイティブ(広告のデザイン)がとても重要な媒体です。

普段の運用では、クリエイティブを検証して数日間その動向を見ながら効果を測定していくことが調整内容の1つです。
効果の良いクリエイティブを見つけるには、既存のクリエイティブを分析したり、実際にアプリを使ったりしてユーザーの求めているものを探ります。
ゲームアプリであれば、使うキャラクターやインセンティブ(ゲーム内の報酬)の表記があるか無いかで効果が変わります。

また、最近気づいたことはタイミングも重要だということです。
ゲームリリース時にはより多くの人が興味を持つように、ざっくりとした世界観訴求をして、ある程度レビューが定着したり、クリエイティブが見慣れてきたりしたタイミングでインセンティブを入れた広告を入れると、配信全体として抑揚がありユーザーをひきつけるのではないかと思います。
時々ユーザーが求めていることが分からなくて、クリエイティブの改善案が湧かないときもありますが、とにかくまだやっていないことがあればやってみて、そこからまた新しい案が出てくるのかもしれないと思いながら仕事に臨んでいます。

上手にマネジメントができる人になる

アドウェイズフィリピンで働いていてつくづく思うことがあります。
それは、マネージャーや教育担当の方のマネジメント力の高さです。

私がすごいと思うのは、ただ単に「人を動かす」のではなく「その人が動きたくなるように気持ちを変える」ことができるところです。
私は自分に対して「なんでできないんだろう」と思うことが多いのですが、当社の方と話していると、いつも前向きになれます。
仕事をする上での厳しさを持ちつつも、いつも気持ちがポジティブに転換されるような言葉をかけてくださる、そのバランスに感動して、私もそんなマネジメント力を持った人になりたいと思うようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました