From online jobs to face-to-face English Trainer
“オンライン ” イングリッシュトレーナーから “オフライン” イングリッシュトレーナーになるまでの軌跡

※和訳は下部に載せてあります。

SELF INTRODUCTION

Hello!
I’m Vinya, an English Trainer in Adways Philippines.
I started working in Adways Philippines on October 1, 2015.
Actually, my real name is Rovinia.
I got the name Vinya from my mentor on my first job as an online English Trainer.
From then on I preferred to be called as Vinya or Vin.

I was born in Cebu City.
I spent my childhood and teenage years studying, making friends, and discovering my abilities in the City.
Like any other cities, there are many advantages as there are a lot of access to various facilities like schools, supermarkets, hospitals, and more.
When I was still in elementary, I could remember having a tour around beautiful spots in Cebu.
I have visited nice beaches, museums, old churches and more natural attractions.
There are also sanctuaries for birds and butterflies.
My hometown is also known for its festivities like the Sinulog festival.
Sinulog is known to be the mother of festivals in the Philippines.
Another festival in Cebu’s town is the Lechon festival.
Lechon is a popular food in Cebu which is a roasted pork.
A lot of tourist would come here to experience the fun of the different festivals and to taste the delicious cuisines.

As an English Trainer it is important to build trust to the learners.
Build their trust by getting to know them more.
Aside from assessing their skill level in English, it is also good to know their strengths and weaknesses as a person.
In this way respect is built as well, as to we would know how to interact with each other.

From a nursing graduate to an English Trainer

When I was a student, my favorite subject was English and literature.
My dream course was actually Mass Communication and major in journalism.
I like reading and writing short stories and poems.
I enjoy getting to know the deeper meaning of song lyrics.
Unfortunately, my parents plan was different.
Since they were the ones who supported me financially with my studies, they get to decide the course I would take in college.
And so, I took nursing and graduated from that course.

Even if I finished my bachelor course in Nursing, I chose to apply as an online English Trainer after I finished college.
I chose that company for my first job because they provide a training course plus an allowance before starting the actual job.
I was thinking that it was an opportunity for me to learn more things that are related to English and other languages.
After my first job, I experienced teaching English from different online English schools.
I also experienced working in call centers which made me discover more about the different accents of English while talking to different customers from North America.
My schedules from those jobs are changeable.

Suddenly, I realized that I wanted to have a job that has a fixed schedule.
My friend told me that Adways Philippines is looking for a new trainer because one of their trainers was resigning.
I found out that they have a fixed working schedule, so I immediately applied for the job and fortunately got hired.

In Adways Philippines, we find “Ways”

Just like any other jobs, I had my adjustment period in Adways Philippines too.
I was used to online jobs like teaching English online and talking to customers online.
There were some differences in teaching approach now that I am my own trainer on my job.
On my previous jobs, I was used to go through training before starting the actual job.
In Adways Philippines, it was different. I train myself while observing one of the trainers having their classes.

So why I stayed in Adways Philippines for a long-time?
Being in Adways Philippines taught me more on being independent and unique.
As a trainer I get to prepare and decide on the lessons I give to my learners.
I see to it that the lesson I provide for them is based on their level of learning English.
Just like Adways Philippines, I get to find ways on how to get through the struggles of teaching English.
I also ask the learner’s likes and dislikes, as to create and match interesting topics for their lessons.

The higher you grow, the deeper you bow

Actually, English is not a measure of intelligence.
I teach English because I want to share the knowledge I got from my experiences.
Learning English is a two-way process which involves interaction between the trainer and the learner.
I hope they have learned and improved by heart.
I want them to keep learning more not just because they have to, but they want to.

English is a global language so there is a chance for more opportunities in jobs or travels.
It is easy for us to communicate and understand each other if we have a standard language to be used.
My ultimate goal as an English Trainer aside from being successful with their career with the help of English, I wish for the learners to use and share their knowledge in English in a humble way.


自己紹介

2015年10月1日にADWAYS PHILIPPINES INC. に入社しましたイングリッシュトレーナーのヴィニヤです。
本名はロビニアですが、前職のメンターからヴィニヤというニックネームをいただいて、それ以来みんなからはそう呼ばれています。

出身はフィリピン/セブのセブ市です。
幼少期から10代にかけては、勉強したり友達と外に遊びに出掛けたりアクティブに過ごしていました。
小学校時代に友達と一緒に巡ったセブの魅力的な観光地や綺麗な海、美術館、伝統のある教会そして美しい自然は今でも鮮明に覚えています。

また、私の育ったセブ市を紹介しますと「シヌログ」というフィリピン最大級のお祭りがあったり、フィリピンの伝統料理であるレチョン(豚の丸焼き)をメインにした「レチョン祭り」というものがあります。
セブ島を訪れる観光客が多いのは、こういった魅力的な楽しいイベントがあるからだと思います。

さて、イングリッシュトレーナーの話になりますが、イングリッシュトレーナーとして重要なことは学習者から信頼を得ることです。
学習者1人1人と向き合い、英語のスキルレベルで評価するだけではなく、相手の長所や短所を知ることはより固い絆が結べることに繋がります。
当社のようなマンツーマン制のレッスンでは、お互いリスペクトし合うことが特に大切なのです。

看護学生からイングリッシュトレーナーへ

学生時代、英語と文学がとても好きでした。
短編小説や詩を読むのが好きだったので、本当はマスコミに興味がありジャーナリズムを専攻したかったのですが、両親から看護学を専攻してほしいと言われ、結局看護学を専攻してそして大学を卒業しました。

しかし、看護の学士号を取得したにも関わらず、イングリッシュトレーナーになる道を選びました。
新卒で入社した会社は現場に出る前にトレーニングコースで鍛えることができる環境が整っていたのが私にはぴったりで、英語を学ぶ良い機会になりました。
それから別のオンライン英会話学校で働くことになり、様々な人に英語を教えてきました。
さらにコールセンターで働いていたこともあり、ネイティブの人たちと話す機会が増えたことで、実際に世界中の英語話者のアクセントを学ぶこともできました。

ただ以前の仕事はスケジュールが不規則だったため、学習者としっかり向き合うことができるスケジュール制の環境で働きたいと思い始めました。
そんな時、運良く友人の紹介でADWAYS PHILIPPINES INC. を知り、ご縁があってイングリッシュトレーナーとして入社できました。
当社では、定まったスケジュールでレッスンができるので、私が望んでいた学習者としっかり向き合える環境があり、トレーナーとしてとてもやりがいを感じています。

フィリピン/セブにあるADWAYS PHILIPPINES INC. に就職し、自分の道(WAYS)を見つける

これまでの会社と同様に、初めは当社でも試用期間がありました。
オンラインでのレッスンや顧客との電話対応に慣れていた私は、オフラインの業務に慣れるまで時間が掛かりました。
そのため、自分自身を当社に適応させるように取り組むことを心掛けました。

当社のイングリッシュトレーナーは、学習者1人1人の英語スキルに合わせたレッスンを独自で準備し、カリキュラムも自分で決めます。
他にも、学習者に興味を持ってもらえるように、彼らの好みも事前に尋ねてそれをレッスンへ取り入れたりもしています。
確かに英語を教えることの難しさや苦労はありますが、それらの解決策を模索し乗り越えることが、タイトルで述べている通り、「自分の道(WAYS)を見つける」ことなのではないかと思っています。
自分なりのレッスン方法を見つけることがこんなにも楽しいなんて思ってもみなかったです。

今もし、「長い間当社で勤めている理由」を尋ねられたら、私はこう答えます。
「ADWAYS PHILIPPINES INC. はユニークで楽しいレッスンを提供できるから」と!

いつまでも謙虚に教えられるように

実は、英語力には頭の良し悪しはあまり関係ありません。
当社のようにトレーナーがいる場合は、学習者との相互作用がとても重要で、そのプロセスが私たちにとってはやりがいや楽しみの1つになっています。
学習者が「やらなくてはいけない」と思うようなレッスンではなく、「もっと学びたい」と思えるような姿勢に変えるのも私たちイングリッシュトレーナーの務めです。
それにより、学習者が積極的に英語を学ぶようになり、スキル向上に繋がった時は本当に嬉しいです。

ご存知の通り、英語は世界共通語で仕事や旅行で使われる機会が多いので、知っていればコミュニケーションに困ることはありません。
私の最終目標はその「英語」を通して彼らのキャリアサポートをすること。
学んだ英語を普段から使うことができ、そして私から英語を学んだ人たちが周りの人にも英語を教えてあげられる、そんな英語学習者の社員が増えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました